2018-08

misc

Mixhostをベンチマークする。(UnixBench)

mixhostのサーバは結構ハイパフォーマンスなので、blogだけに使うのはもったいないです。どのくらいのパフォーマンスかUnixBenchで測ってみました。なお、高負荷なプログラムを走らせると、他のユーザへの悪影響が出る可能性があります。私の環境でも他の環境でもそれほど変わらないと思いますので、ベンチマーク情報が欲しい方はこのページの情報を参考にしてください。自分でUnixBenchを走らせないようにしましょう。
misc

MixhostにPython3.5をインストールする。

mixhostのサーバは結構ハイパフォーマンスなので、blogだけに使うのはもったいないです。ほかの仕事もさせたいですが、mixhostでデフォルトで用意されているパッケージソフトウェアは、個人的にはよく知らないものばかりで、こいつらを使いこなすのはちょっとハードルが高そうです。もう少し、自分の使い慣れたソフトウェアが欲しいので、sshでログインして自分でインストールしちゃおうと思います。
misc

MixhostにPython3.7をインストールする。※注意!インストールできませんでした。

mixhostのサーバは結構ハイパフォーマンスなので、blogだけに使うのはもったいないです。ほかの仕事もさせたいですが、mixhostでデフォルトで用意されているパッケージソフトウェアは、個人的にはよく知らないものばかりで、こいつらを使いこなすのはちょっとハードルが高そうです。もう少し、自分の使い慣れたソフトウェアが欲しいので、sshでログインしてPython3.7を自分でインストールしちゃおうと思います。 gccやpython, perlは入っているようですが、golangやjavaが入っていません。pythonも3.x系が入っていません。今回はpython3.x系をインストールしようと思います。 ※最終的にインストールしきれませんでした。
misc

MixHostのサーバにgolangをインストールする


misc

MixHostのサーバにEmacsをインストールする

mixhostのサーバは結構ハイパフォーマンスなので、blogだけに使うのはもったいないです。ほかの仕事もさせたいですが、mixhostでデフォルトで用意されているパッケージソフトウェアは、個人的にはよく知らないものばかりで、こいつらを使いこなすのはちょっとハードルが高そうです。もう少し、自分の使い慣れたソフトウェアが欲しいので、sshでログインして自分でインストールしちゃおうと思います。 と、ログインして見たもののの、エディタがVim(vi)しかないので、emacsユーザの私としては使いにくいので、emacsをインストールしようと思います。
android

TensorFlow LiteをKotlinから使う 3/3

最近はAndroidの開発はkotlinだ!という風潮が強いので、AIを勉強し始めたばかりの私が、TensorFlow Liteをkotlinで使ってみたよ。
android

TensorFlow LiteをKotlinから使う 2/3

最近はAndroidの開発はkotlinだ!という風潮が強いので、AIを勉強し始めたばかりの私が、TensorFlow Liteをkotlinで使ってみたよ。
android

TensorFlow LiteをKotlinから使う 1/3

最近はAndroidの開発はkotlinだ!という風潮が強いので、AIを勉強し始めたばかりの私が、TensorFlow Liteをkotlinで使ってみたよ。
Raspberry pi

Raspberry piのTensorFlowを使ってモデルをカスタマイズ

AIを勉強し始めたばかりの私が、Raspberry piにインストールしたTensorFlowを用いてモデルのカスタマイズに試みるよ。
Raspberry pi

Raspberry PiにTensorFlowをインストール

Raspberry Pi向けTensorFlowがバイナリ提供されるようになりました。そこで、AIを勉強し始めたばかりの私が、TensorFlowをRaspberry Piにインストールしてみたよ。