パリのシャルルドゴール空港のYOTELに泊ったぞ

旅行

はじめに

昨年末にスペインに旅行に行ったのですが、飛行機遅延により出発が遅れてしまい経由地のパリ・シャルルドゴール空港で1日宿泊することになりました。その際、最近できたYOTELという簡易ホテルに泊ったのでレポートします!

YOTELとは?

YOTELとはイギリス発の簡易ホテルです。スタイリッシュな雰囲気と価格のお手頃感から結構人気があるようです。2007年からロンドン・ヒースロー空港やニューヨークなどに展開していたのですが、シャルルドゴール空港にも2016年に進出しました。

参考:最先端をいくHuman-Lessなホテル「YOTEL」

どこにあるの?

シャルルドゴール空港の中にあります!なので、今回の私のように飛行機の遅延により一晩空港で過ごさなければならない場合などにサクッと泊れたりします。シャルルドゴール空港内にはフリーのロビーもあって、そこで何とか休憩はできるのですが、日本からの長旅の後にはやはりシャワーを浴びてあったかいお布団で寝たいですよね。そういう時に非常に有能。

日本からの飛行機の場合、シャルルドゴール空港の2Eゲートに到着することが多いと思いますが、そこからパスポートコントロールを出る前のエリアにあります。シャトル電車があるので、それに乗って移動するといいです。ちなみにパスポートコントロールを出た後でも、何か手続すると入れるようですが、なんだか難しそうなのでなるべくは避けたほうがいいと思います。

入口まではこんな感じのおしゃれな廊下が続いています。この奥がYOTELです。

なにがあるの?

とってもシンプルな作りです。シャワーとベッドとテレビとトイレがあります。以上。

いや、冗談じゃなく、これくらいしかありません。本当に必要最低限の装備ですね。

アメニティはシャンプーとボディーソープはありました。ドライヤーと電源はあります。

部屋の広さは写真を見ていただければわかると思います。ベッドの前に大きなテレビがありますがテレビとベッドの間はめっちゃ近い。で、実はベッドとテレビは写真以上に近いです。なんとベッドは可動式で少し全体が後ろに下がって頭の部分が背もたれっぽくなるのです。その状態にしてこれ。うーむ。

また、鏡に映っているドアを見ていただければ、ドアとベッドの間のスペースもほとんどないことがお分かりいただけるかと思います。うーん、本当に必要最低限という感じですね。

 

可動式ベッドを立ち上げて背もたれを作った状態。

ご飯は?

当然、レストランやカフェはありません。自動販売機がありますので、そこで軽食を買うことができます。自動販売機の周辺は簡易テーブルがありますので、そこで食べることができます。

まぁ、あまりおいしそうではないので、少し戻ったところにカフェがあるので、そこでご飯を買うといいかもしれません。といっても、このカフェも簡単な総菜が置いてある感じでしかないですが。

あと、ここの店員さんはめったに外に出てこないので、いるところをタイミングよく捕まえる必要があります。ファミコンの隠れキャラみたいですね。私は15分くらい捕まえられませんでした。

食べる場所はこんな感じ。結構おしゃれ感はある。ただ、人は全然いなかったな。

 

隣のスペースにはお子様が積み木で遊べる空間もあります。

お値段は?

99ユーロでした。安い!!

 

ということで

今回は、予期せぬ飛行機遅延のためYOTELに泊ってみました。

シャワー&お布団&充電場所が99ユーロで手に入るという観点では十分満足いくかと思います。ただし、それら以外を求めると即死します。何もありません。予期せぬ飛行機遅延などで空港で一晩過ごすことになったら活用してみるとよいかもしれません。(YOTELに泊ることを目的にするのはお勧めできません。ホテルマニアとかであれば別。)

コメント